キレイで安心できる環境改善〜子どもも安全フロアコーティング〜

様々なタイプ

電動ドライバー

スイッチには様々な種類があり、「片切りタイプ」と「両切りタイプ」があります。主によく使用されているのが「片切りタイプ」です。スイッチの機能としてはスイッチが入っているか切れているかを一目でわかるタイプなどがあります。このタイプのスイッチは暗闇でスイッチの場所が一目でわかる利点があります。また、小さいスイッチではなく大きなスイッチもあります。このタイプはシンプルですが機能的で押しやすいです。ホテルにあるようなおしゃれなスイッチです。お値段は少しお高めになります。また、スイッチの機能も進化しており、スマートフォンでスイッチを入れることが可能なタイプもあります。家中の明かりを一括で管理することができる便利な機能ももっています。

スイッチ交換は簡単な工事なので誰でもできそうですが、基本的に電気工事士の資格をもっていないとスイッチ交換を行うことはできません。電気回線を扱うので感電のおそれがあるからです。どうしても自分でスイッチ交換したい場合は電気工事士の資格を持つ人に監督してもらいながらスイッチ交換をしましょう。安全ですしまた、工事の不具合による火事の予防にもつながります。最近はインターネットなどの進歩により家の中でインターネットを介した明かりのコントロールをするためのスイッチを取り入れるなど高度化しています。例えば、スマートフォンで家の中に入る前に明かりをつけたり、スマートフォンで家の中の明かりを一括で消すことができます。スイッチ交換を検討されるならこの点も考えてみてはどうでしょうか。